本文へスキップ

柏市 松戸市 税理士 佐藤修治税務会計事務所 会社設立 

または無料メール相談へ

 ブルドッグの損金手品


事務所便りです。様々な角度からの情報を載せておりますので、是非ご覧ください。
少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。
なお、この事務所便りの内容につきましては、質問等受け付けておりません。

ブルドッグの損金手品

自社の発行している株式を買い取って、これを消却しても損益計算書に載る株式消却損失など発生しません。
ところが、自社の発行する新株予約権を買い取って、これを消却すると損益計算書に載る新株予約権消却損失が発生します。

●ブルドッグでは21億円余

ブルドッグソース(株)が米国投資ファンドのスティール・パートナーズに無償で割り当てた新株予約権を強制的に買い取った総額は21億円余で、現行会計基準では、これをそのまま消却すれば全額損失となります。
いったん外部の関係者に売却し、権利行使をして株式に換えてもらったうえで再び買い取り、自己株式として消却すると損失は発生しなかったのですが、そういう選択はされず、赤字転落となりました。

●ねらいは節税メリット

赤字転落を選択したのは法人税等の節約になることによる資金効果を期待してのことと解説されています。実効税率を40%とすれば約8億5000万円の節税です。
でも、株式も新株予約権も証券取引法では同じ仲間の有価証券として一括して規定されているのに、計算規則や税法では別な取扱いになるというのは驚きです。

●税法においても21億円余は損金

自己株式と自己新株予約権とは、会計においても税法においても、似て非なるものという扱いです。自己株式は資本のマイナス項目ですが、自己新株予約権は有価証券としての資産に該当します。
自己新株予約権を消却する時は、純資産の部にある新株予約権(無償発行の時は0)との相殺となり、差額は損益となります。
税法でも同じく損益処理になるのは、新株予約権が資本金等を構成するものになっておらず、どちらかというと預り金のような扱いになっているからです。


柏市 松戸市 税理士 会社設立
このページの先頭へ

新着情報 2016年4月3日
ブログを更新しました
インデックス1消費税増税による資金繰りの悪化
インデックス2小さい会社の債権放棄
インデックス3印紙税の変更

佐藤修治税務会計事務所

所長の顔写真
所長プロフィール

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503
TEL.03-3526-3792
FAX.03-3526-3794
AM9:00〜PM5:00
→アクセス
神田駅から徒歩4分(山手線・京浜東北線・銀座線)
写真で見るアクセス
淡路町駅から徒歩6分(丸の内線)
小川街駅から徒歩6分(都営新宿線)
写真で見るアクセス


お気軽にご相談ください
お役立ちリンク集
所得税Q&A
採用情報
税理士と守秘義務
柏おすすめ情報
松戸のおすすめ情報
税理士情報
サイトマップ
柏税務署リンク
柏県税事務所リンク
柏市役所リンク
松戸税務署リンク
松戸県税事務所リンク
松戸市役所リンク
柏市 松戸市の佐藤修治税務会計事務所