本文へスキップ

柏市 松戸市 税理士 佐藤修治税務会計事務所 会社設立 

または無料メール相談へ

 共有でも違う、不動産と株式


事務所便りです。様々な角度からの情報を載せておりますので、是非ご覧ください。
少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。
なお、この事務所便りの内容につきましては、質問等受け付けておりません。

共有でもえらい違い! 不動産の共有と株式

 被相続人の財産は、遺言がなければ、遺産分割協議が成立するまで、相続人(数人いる場合)の共有になります。不動産など所有権のある財産は共有、株式など所有権以外の財産は準共有となります。準共有は、共有を準用しますので、結果的には共有と同じ取扱になります。

(1)不動産の共有

 遺産が未分割であれば、各相続人はその不動産について、その持分(法定相続分)に応じて使用、収益、処分ができます。不動産が賃貸物件(アパート等)であれば、それから生ずる果実(賃料)について、各相続人は法定相続分に応じて取得し、また、その所得(不動産)が一定額を超えると確定申告義務を負うことになります。
そして、分割協議が成立すると、その物件を相続した者が相続開始時に遡って当該物件を取得したことになります。しかし、その果実(賃料)については、遡及することなく、遺産分割協議成立後の相続分に応じて当該賃料を取得し、確定申告します。

(2)株式の共有

 株式も不動産とその取扱は同じです。その果実たる配当は、法定相続分に応じて取得し、源泉税も法定相続分に応じて負担します。また、確定申告の手続きも同様です。
しかし、株式には、財産権のほかに「株主総会における議決権」があります。この議決権について、相続株が共有状態(未分割)にある場合の議決権行使については、会社法は次のように定めています。
「株式が二以上の者の共有に属するときは、共有者は、当該株式についての権利を行使する者一人を定め、株式会社に対し、その者の氏名又は名称を通知しなければ、当該株式についての権利を行使することができない。ただし、株式会社が当該権利を行使することに同意した場合は、この限りではない。」と規定しています。
  したがって、オーナ株が相続でもめている場合には、総会が開催できない、あるいは、一部少数株主による支配が行なわれることもありますので、留意が必要です。

柏市 松戸市 税理士 会社設立
このページの先頭へ

新着情報 2016年4月3日
ブログを更新しました
インデックス1消費税増税による資金繰りの悪化
インデックス2小さい会社の債権放棄
インデックス3印紙税の変更

佐藤修治税務会計事務所

所長の顔写真
所長プロフィール

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503
TEL.03-3526-3792
FAX.03-3526-3794
AM9:00〜PM5:00
→アクセス
神田駅から徒歩4分(山手線・京浜東北線・銀座線)
写真で見るアクセス
淡路町駅から徒歩6分(丸の内線)
小川街駅から徒歩6分(都営新宿線)
写真で見るアクセス


お気軽にご相談ください
お役立ちリンク集
所得税Q&A
採用情報
税理士と守秘義務
柏おすすめ情報
松戸のおすすめ情報
税理士情報
サイトマップ
柏税務署リンク
柏県税事務所リンク
柏市役所リンク
松戸税務署リンク
松戸県税事務所リンク
松戸市役所リンク
柏市 松戸市の佐藤修治税務会計事務所