本文へスキップ

柏市 松戸市 税理士 佐藤修治税務会計事務所 会社設立 

または無料メール相談へ

 非公開企業の株式市場の資金調達


事務所便りです。様々な角度からの情報を載せておりますので、是非ご覧ください。
少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。
なお、この事務所便りの内容につきましては、質問等受け付けておりません。

非公開企業が株式市場から資金調達できる?

株式を公開していない企業でも、株式市場から資金を調達できる制度を東京証券取引所が創設し、早ければ4月から実施すると新聞等で報じられている。この制度が実施されれば、非公開企業のまま、外資やファンドからの買収の危険にさらされることなく、株式市場から資金を調達できる。これはなかなか魅力的である。
これを可能にする方法論として浮かび上がったのが「無議決権株」である。一般に、株式には、「配当期待権」、「残余財産分配請求権」、そして「議決権」という3つの権利がある。このうちの議決権がない株式が無議決権株である。今回、議決権のある普通株は非上場のままにしておき、この無議決権株だけを上場させることができるようになるのだ。
ところで、一般に議決権がない株式など誰も買わない。したがって、無議決権の魅力を高める必要性から配当面での優先的メリットを付与し、「配当優先株」とするのが常識である。これは、たとえば「普通株式の30%増しの配当を支払う」「普通株式に配当を支払わない場合でも一定額の配当を支払う」「業績が悪化し、こうした優先的な配当が支払えなくなった場合でも、支払えるようになったときにまとめて支払う」「もし支払えないまま清算するような場合は、残余財産からその優先部分をあらかじめ分配する」というような内容である。

したがって、まず、配当をしっかり支払う力がない企業ではなかなか使えないだろう。一般的にベンチャー企業の場合、余程のエリート企業でない限り収益力の見通しが立たないため、この制度を使うことは難しい。では、優先的な配当を支払う力のある会社なら使うことができるかどうかだ。気になることは、一般の上場と同レベルの「情報開示や内部統制」の義務が課されると推測されることである。つまり、「無議決権株のみの上場」を活用しようとする企業は、非公開であっても社内管理体制の整備だけは、上場会社レベルにしておかなければならないということになる。

ところが、昨今の上場検討企業にとって、この「情報開示と内部統制」が極めて大きな負担になっている。4半期決算の監査や内部統制の監査を導入したからだ。このため過大なコスト負担、過重な間接人材の投入としくみの整備が必要になった。したがって、今回、せっかく良い制度を東京証券取引所が創設しても、多くの中堅中小ベンチャー企業にとっては、なかなか使えないということにならざるを得ない。

記事提供者:アタックス 西浦 道明

柏市 松戸市 税理士 会社設立
このページの先頭へ

新着情報 2016年4月3日
ブログを更新しました
インデックス1消費税増税による資金繰りの悪化
インデックス2小さい会社の債権放棄
インデックス3印紙税の変更

佐藤修治税務会計事務所

所長の顔写真
所長プロフィール

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503
TEL.03-3526-3792
FAX.03-3526-3794
AM9:00〜PM5:00
→アクセス
神田駅から徒歩4分(山手線・京浜東北線・銀座線)
写真で見るアクセス
淡路町駅から徒歩6分(丸の内線)
小川街駅から徒歩6分(都営新宿線)
写真で見るアクセス


お気軽にご相談ください
お役立ちリンク集
所得税Q&A
採用情報
税理士と守秘義務
柏おすすめ情報
松戸のおすすめ情報
税理士情報
サイトマップ
柏税務署リンク
柏県税事務所リンク
柏市役所リンク
松戸税務署リンク
松戸県税事務所リンク
松戸市役所リンク
柏市 松戸市の佐藤修治税務会計事務所