本文へスキップ

柏市 松戸市 税理士 佐藤修治税務会計事務所 会社設立 

または無料メール相談へ

 改正減価償却の取得について


事務所便りです。様々な角度からの情報を載せておりますので、是非ご覧ください。
少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。
なお、この事務所便りの内容につきましては、質問等受け付けておりません。

改正減価償却 「取得」と言ってもいろいろ

平成19年度の税制改正において、減価償却制度は大きく変わりました。
平成19年4月1日以後「取得」したものと、平成19年3月31日以前に「取得」したものとに区分され、前者については耐用年数経過時に残存簿価1円まで償却できるようになりました。
また、後者については改正前の償却の方法がそのまま維持され、償却限度額までに達した後にさらに5年間で残存簿価1円まで均等償却できるようになりました。
  そこで、この「取得」ですが、取得の範囲はとても広く購入、自己建築・製作等によって取得するのみならず、個人であれば相続、遺贈、贈与によって減価償却資産を取得する場合もあり、法人にあっては会社分割、現物出資、事後設立、合併等によって取得することもあります。
  問題はこれらの場合、当該減価償却資産の「取得日」を引継ぐのか、それともその事実(相続、合併等)の効力が生じたときに「新たに取得」したものとするのかです。

(1)相続、遺贈又は贈与による取得
  相続、遺贈又は贈与(以下「相続等」と
いう。)による取得は、被相続人、遺贈者、贈与者の取得日ではなく、相続等による取得日です。すなわち、相続等による取得は、その取得日を引継がないということです。

(2)適格合併・分割型分割よる取得
  適格合併、適格分割型分割は包括承継のため、これらによって移転を受け減価償却資産については、資産の引継ぎと考えられることから、その取得の時期についても引き継ぐことになります。

(3)適格分社型分割等による取得
適格分社型分割、適格現物出資若しくは適格事後設立により分割法人、現物出資法人若しくは事後設立法人(以下「分割法人等」という。)から移転を受けた減価償却資産については、移転を受けた日ではなく
その分割法人等が当該減価償却資産の取得をした日です。
なお、非適格の場合は移転を受けた日が「取得日」になります。

柏市 松戸市 税理士 会社設立
このページの先頭へ

新着情報 2016年4月3日
ブログを更新しました
インデックス1消費税増税による資金繰りの悪化
インデックス2小さい会社の債権放棄
インデックス3印紙税の変更

佐藤修治税務会計事務所

所長の顔写真
所長プロフィール

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503
TEL.03-3526-3792
FAX.03-3526-3794
AM9:00〜PM5:00
→アクセス
神田駅から徒歩4分(山手線・京浜東北線・銀座線)
写真で見るアクセス
淡路町駅から徒歩6分(丸の内線)
小川街駅から徒歩6分(都営新宿線)
写真で見るアクセス


お気軽にご相談ください
お役立ちリンク集
所得税Q&A
採用情報
税理士と守秘義務
柏おすすめ情報
松戸のおすすめ情報
税理士情報
サイトマップ
柏税務署リンク
柏県税事務所リンク
柏市役所リンク
松戸税務署リンク
松戸県税事務所リンク
松戸市役所リンク
柏市 松戸市の佐藤修治税務会計事務所