本文へスキップ

柏市 松戸市 税理士 佐藤修治税務会計事務所 会社設立 

または無料メール相談へ

 金額と残額の違い


事務所便りです。様々な角度からの情報を載せておりますので、是非ご覧ください。
少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。
なお、この事務所便りの内容につきましては、質問等受け付けておりません。

「金額」と「残額」

●法人税法での使い分け
  法人税法においては「控除」と「減算」の使い分けが行われています。「控除」の方は、差し引き後の金額がマイナスとなった場合には、ゼロが限度とされます。
  他方「減算」の場合は,単に引き算の意味で用いられており差し引き後の金額がマイナスとなった場合、そのまま所得計算や税額計算に影響させることになります。

●所得税法は法人税法とは異なる
  ところが所得税法では、こういう使い分けをしていません。そもそも所得税法には「減算」という言葉は出てきません。所得税法で使われている「控除」という言葉は、単に差し引くという意味でしか使われていません。

●所得税法では「金額」と「残額」
  それでは『所得税法には差引後ゼロを限度とする計算は出てこないのか』というとそんなことはありません。そういう用例は沢山有ります。差引後ゼロを限度とするという時には「控除した残額」という表現を使っています。マイナスになることまでも許容するときは、「控除した金額」という表現を使っています。「残額」と「金額」との使い分けで意味を変えているわけです。

●法人税法でも少し「残額」の例がある
  法人税法でも、「残額」という表現でゼロ以上の値を意味させているところが少しだけ外国税額控除の規定などのところにあります。
  『控除した残額を限度として』とか『控除した残額に達するまでの金額』とかと表現されています。「控除」と「減算」の使い分けをしていないのみならず、「控除」と「減算」の使い分けを知らなくても理解できる表現です。

●所得税法に軍配、しかしそれより・・・
法人税法と所得税法のそれぞれの言葉の使い分けは、どちらが優れているかといえば、所得税法の方に分がありそうに思えます。それはさておき、税法用語がこんな風に違うのは、立法における個人の趣味を差し挟んでいるようで、困りものです。統一してほしいところです。

柏市 松戸市 税理士 会社設立
このページの先頭へ

新着情報 2016年4月3日
ブログを更新しました
インデックス1消費税増税による資金繰りの悪化
インデックス2小さい会社の債権放棄
インデックス3印紙税の変更

佐藤修治税務会計事務所

所長の顔写真
所長プロフィール

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503
TEL.03-3526-3792
FAX.03-3526-3794
AM9:00〜PM5:00
→アクセス
神田駅から徒歩4分(山手線・京浜東北線・銀座線)
写真で見るアクセス
淡路町駅から徒歩6分(丸の内線)
小川街駅から徒歩6分(都営新宿線)
写真で見るアクセス


お気軽にご相談ください
お役立ちリンク集
所得税Q&A
採用情報
税理士と守秘義務
柏おすすめ情報
松戸のおすすめ情報
税理士情報
サイトマップ
柏税務署リンク
柏県税事務所リンク
柏市役所リンク
松戸税務署リンク
松戸県税事務所リンク
松戸市役所リンク
柏市 松戸市の佐藤修治税務会計事務所