本文へスキップ

柏市 松戸市 税理士 佐藤修治税務会計事務所 会社設立 

または無料メール相談へ

 何のための買収


事務所便りです。様々な角度からの情報を載せておりますので、是非ご覧ください。
少しでも皆様のお役に立てれば光栄です。
なお、この事務所便りの内容につきましては、質問等受け付けておりません。

何のために買収するのか?

米大手銀シティーグループのリストラが加速している。サブプライム問題で多額の損失を計上した同社は、財務体質改善のため増資を実施し、また、今後は非中核資産の売却を行うことも検討している。 同社は、銀行のシティーコープと証券・保険のトラベラーズ・グループの合併を皮切りに、多数の企業買収によって企業規模を拡大し世界有数の金融機関となった。この結果、シティーグループは銀行・証券・保険・リース・消費者金融など多数の事業で構成されることになったが、それらの中には収益が改善しないままの事業もあり、サブプライム問題をきっかけに、これらの不採算事業を処分することになった。

 企業買収は、「時間を買う」と言われるように、ゼロから事業を立ち上げるよりも、すばやく事業を手に入れることができるメリットがあり、最近では毎日のようにその種の記事が新聞を賑わしているが、もちろんすべての買収事業が成功するわけではなく、今回のシティーグループのように失敗に終わり、外部に売却するという案件も多い。

では、企業買収を失敗しないためにはどうしたらよいのか。多くの事例を研究すると、「なんのために買収するのか、その目的を明確にする」ことが最も大切である。よくある目的の中に「本業とのシナジー効果がある」というものがあるが、このようなあいまいな理由のままではダメで、相手先の事業や財務状況などを精査した後に、シナジー効果と呼んでいるものを数値で具体的に積み上げることが大切である。

 また、この買収以外に本業とのシナジー効果が得られるものはないかを検討することや、限られた経営資源をこの買収案件に投資することが経営の優先順位として高いのかどうかを検討することも大切である。さらに、だれがどのように買収後の事業を経営するかを明確にしておくことも重要である。組織図(人名があるもの)やビジネスフローを描き、具体的な商売の絵姿が目に見えるようにしておくべきである。組織図に入れた人材で本当に経営できるのかしっかり考える必要がある。

 日本国内でも、最近では企業の売買が盛んになり、それを仲介するインフラも整ってきている。そのため候補案件も増加し、一見すると魅力的な企業が売りに出されていることもある。しかし、よく検討せずに買収した結果、買収後に本業そのものがおかしくなり、買収した企業自体が倒産してしまうというようなことも事案として見られるようになってきている。企業の買収にはそれなりの金額がかかるし、新たな事業を運営するには多くの経営資源を必要とする。

 当たり前のことではあるが、「何のために買収するのか、買収後の運営は具体的にイメージできているか」をじっくりと考えることが、失敗しないために、とても大切なプロセスなのである。

記事提供者:アタックス 諸戸 和晃

柏市 松戸市 税理士 会社設立
このページの先頭へ

新着情報 2016年4月3日
ブログを更新しました
インデックス1消費税増税による資金繰りの悪化
インデックス2小さい会社の債権放棄
インデックス3印紙税の変更

佐藤修治税務会計事務所

所長の顔写真
所長プロフィール

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15-503
TEL.03-3526-3792
FAX.03-3526-3794
AM9:00〜PM5:00
→アクセス
神田駅から徒歩4分(山手線・京浜東北線・銀座線)
写真で見るアクセス
淡路町駅から徒歩6分(丸の内線)
小川街駅から徒歩6分(都営新宿線)
写真で見るアクセス


お気軽にご相談ください
お役立ちリンク集
所得税Q&A
採用情報
税理士と守秘義務
柏おすすめ情報
松戸のおすすめ情報
税理士情報
サイトマップ
柏税務署リンク
柏県税事務所リンク
柏市役所リンク
松戸税務署リンク
松戸県税事務所リンク
松戸市役所リンク
柏市 松戸市の佐藤修治税務会計事務所